読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前3時

夜なのにお母さんとカレーを食べてしまった。

午前2時55分。

お母さんは泣いていた。 私は黙々とカレーを食べるしかなかった。

そうしないといけないと察したからだ。

最後に、お母さんが

友達はちゃんと見極めてから見つけてね と言っていた。

その言葉には凄く重みを感じた。