読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の悲しみの8割以上は。

最近うまくいかない。

うまくいかないことが一度起こると

連鎖して次々に数奇な事がドミノ倒しみたいに

休む暇なく降りかかる。

涙も枯れてしまうほどに辛い。

原因が分かっているなら、改善すればいいだけの事。

原因が分からない。  忌わしいモノがねっとりと私の体の中を侵食していくのがわかる。

得体のしれないものに犯されてゆくのなら

いっその事、無になりたい。

何も感じずにいたい。  

f:id:cree0228:20170329022736j:image

あとかたを読んだ。 

まるで私の事を書いてあるかのような主人公のお話し。 主人公と自分を照らし合わせながら

ページを進める。お互い幸せになれるといいな。

 

蒸されたい

汗が額から伝わって来る。

拭うのさえも惜しい。

この蒸し暑さも、もう少しで終わってしまう。

それなら少しでも肌で感じて居たい。

最後にやったアンコールは私が勝手に

お世話になっている曲で、頑張れ と背中を押してもらってるような錯覚に囚わた。

終了して早速さと会場から外に出る。 3月だというのに辺りはまだ雪が残っていて関東から来た私からすると異色な光景。  

さっきまで纏わり付いてた生暖かいモノも一気に乾いて風が吹くたびに寒気を感じた。

あっという間に過ぎてしまって寂しい。

ホテルに着くなり一気に疲労が襲って来た。

(あぁこの感じ、この感じ) 

この感覚をまだ忘れたくない。

そんな事を強く思えたライブ。 

とても素敵な光景が見れて楽しかった。f:id:cree0228:20170328003731j:image

 

インクの跡

ファンとバンドマンとの間には何があるんだろう。 そんな事を思いながら放送局前で待っていた。

1分、1分みんな過ごす時間は同じなのに

感じる時間は違くて凄く長く感じた。

いつも猫背で腰が低い。 そんな所も惹かれた要素の1つ。

今日もタクシーから降りる時猫背で、周りの方にペコペコ、まるで機械的に動いてると感じられるその動きには色んな苦労をしてここまでよじ登ってきたんだ 、もう手放したくない などという胸懐を覗いてるようだった。

流石、そんな思いもあってファンの対応も厚い。   一人一人に受け答えをしては目を合わせ

器用にも手をするする滑らせながらサインを書く。  対応が優しさで滲み出てる。

滲み出て、溢れ出してそのせいで乾いていなかった為、掠れてしまった。

無自覚で人の事を好きにならせるのが得意な人なんだな。 

もっと今日の事で好きになった。

ラジオお疲れ様です。

心の食事

余った時間に本を読んだ。

こうやって余った時間を有意義に過ごのが得意な訳だが、今回は家から3冊持ってきた本を2冊書見した。

本を読むと言う行為は文字を食べる行為だと思う。 色んな種類がある中、自分が好きなものと嫌いなものがある。

今日読んだ1冊は苦手なものだった。

でも好き嫌いはおよしなさいと親に叱られていたのでちゃんと読んだ。(偉いなあ)

ネギが嫌いな私はよく器の端に貯めて、隠して、最後になって怒られながら時間をかけ試行錯誤しながら食べていた。 まさしくそんな感じ。 全くページが進まなくてイライラしていたが音楽を聴きながら、解説を先に読んだりして最後のページに手を進める事ができた。

次は何を読もう。  次は好物が来るといいな。

あっでも、もうお腹いっぱい。

咀嚼

24日からずっと北海道にいる。 もっと詳しく言うと札幌市。 もっともっと詳しく言うとビジネスホテル911号室のベッドの上。

まさか1人で北海道に来るとは思いもしなかったけど、飛行機から目を覚ますと新千歳空港に着きましたよと隣の方に教えられた。

この2日間色んな場所にも行ったし美味しいものも食べて堪能していた。

明日はとうとう秘宝館。 

終わってしまうのが悲しいからずっと続いて欲しい。 ライブもこの旅行も。 

だけど終わりがあるから、ちゃんと楽しもうと思えるんだよなあ。   

はい、明日めいいっぱい楽しみます。

 

ただ

私事だけど24日で恋人と1年3ヶ月だった。

だけど、全く実感がない。

会わなかったから、というものもあると思うが、いつも記念日なんて会わない。

多分もう隣に居てくれるのが当たり前になってるんだと思う。

2月は揉め事が沢山起きてその度に悲しい思いをするのと同時に、もっと改心して優しく接しようと心に決めて居た。

でも時間が経てば忘れてしまう。

もう、本当に喧嘩したくない。 

ずっと仲良くいたい。   

来月から社会人になる君は多忙になるね。

だからこそお互いの時間をちゃんと作って大切にしていこう。

f:id:cree0228:20170325204409j:image

今後もお世話になります。

写真は一緒に作ったオムライス。

隠し事

半年前に開かれた喫茶店に今日

ようやく行けた。

お客は私を含めて3人。 

席に着くなり私は学校から配布された課題に手をつける。が、隣にいる伯母さん達の談話がうるさくて進める事が出来ない。

上部な感じで、2人とも核心的な部分には触れずに魚の身を解すかのように周りをつついてる。  

お面を被りながら会話をしてるような。

笑顔で話していても本当は辛かったり悔しい思いをしてるのかもしれないと考えると人って器用だな。  

ちゃんと友人の話を聞く時、表面部分じゃなく

中身の部分が見れてるのか心配になった。

今度話を聞く時はずっと話さないで聞いてあげよう。

f:id:cree0228:20170323125301j:image

 

ご馳走様。 美味しかったなあ。

また来よう。